コラボレーション企画

 

 Vimoque x Sui Yumeshima

model: 夢島スイ / ガブリエル

 

 

コラボレーション・クロージング

第一弾 2017

 

生成りのナチュラル・リラックス感の対極に

かちりとしたシルエット・厳かな雰囲気のプリントで

ロイヤル感を忘れていない作品です。

 

この柄のためにドローイングを書きおろしました。

春~初夏にピッタリのクロージングです。

 

※全てクリックで拡大します


 

 

 

コラボレーション企画

 

 Vimoque x Sui Yumeshimaについて

 

 

2017年3月13日 Written by 夢島スイ

 

 

 

― デザイナー内海氏が手がける「ヴィンテージ」「モダン」「アンティーク」をミックスさせた独自のスタイルを持つブランドVimoqueとの夢島スイ初コラボレーション・クロージング企画が水面下で進行中について―

 

 

 回夢島スイとのコラボ企画を発足したVimoqueのデザイナーである内海氏は文化服装学院の連鎖校の教員としてや、パタンナー、舞台の衣装制作等の経歴を経て自らの表現をおいもとめ独立したのち、独自の懐古的な中に失わない煌きと厳かの共存に加え、時にアナーキーな退廃美を感じる作品達はニューエイジ・ミュージックシーンのような柔軟なスタイルも同時に感じさせ、ブライダルシーンからアンダーグラウンドな層にまでコアなファンに支持されているブランドとして知られていました。

 

2016年には原宿・ラフォーレで行われた日本最大規模のスチームパンクの祭典にて、宣伝のためのメインビジュアルでの衣装として抜擢されたという、「彗星のごとくあらわれた」というまさにその言葉のように感じます。 ブランド自体はオーダーやリメイクを受けながらも大量生産に重きを置かないのは、内海氏本人の意向として手作業で愛をこめてつくった作品をその人に似合う様に創り着て貰える事のよろこびを第一としている職人気質とアーティスト気質を兼ね備えていることに第一感動を覚え、 内海氏の初の試みであるアーティストコラボレーションに今回夢島に白羽の矢がたったのはとても奇跡的な人脈にて出会え意気投合したのち、このような素敵な企画を進行できて心より嬉しくおもい、この幸運に感謝します。 Vimoqueのもつ雰囲気と夢島スイのエキセントリックな世界観の融合で見る人々に新しい可能性を発表できると確信しました。

 

 個人としても、主に平面で表現する私のその一方独特の世界観もありつつ立体物として存在するものを作る内海氏の存在で共存しあえ、もう少し自分達の存在する次元に近づけるものをこの目でみれるのが幸せに感じ、絵画作品を服に転換することで、視覚を主にした作品から他の器官を使い、まとうことで初めて完成する複合的芸術への新しい取り組みの第一歩となるのかと思います。 絵と服というのは表現の舞台は違えど、根本を辿ると同じ表現者であり、お互いのパッションがうまく融合すればまとって歩けるアートのプロパガンダになるのだと感じています。 

 

  今回企画の作業工程として先ず、絶えず話し合いをしたのち世界観の共有からはじまり内海氏の監修下、

クロージングの形を話し合い、夢島スイがパターンの制作をし完全オリジナルのファブリック(布)を何パターンか制作、内海氏の洋裁技術でのオートクチュールにて表現、夢島の絵画展や内海氏の展示会等で実際にお越しいただいたお客様に御覧頂ける様に設営をしてゆけたらいいと思っております。 販売もする予定ですが、オートクチュールで大量生産ものではないのでまさに「お互いのキャンバスの共有」の作品として制作する方針でやってまいりたいと思います。 そのときにしか購入できないお手頃価格の小物もでるときがあると思いますがまだ未定です。

 

 今回企画展示の第一弾として2017年4月14日~の夢島スイ個展・京都のアスタルテ書房にて発表予定の後、2017年10月の銀座・スパンアートギャラリーでの発表を目標に情熱の赴くまま今後展開予定です。 

常に活動の情報は更新予定で、ホームページ・各自ツイッターにて告知してゆく予定ですので今後の活動を乞うご期待くださいませ。

 

 

VimoqueプロモーションPV

内海氏による独自のスタイルを表現したブランドイメージPV。

 

Vimoque 公式ツイッター:@vimoque

 

  INDEX