💀 Exhibition Information

夢島スイ作品等の展示情報です。

上から 現在開催中(Now)、予定(Plan)、過去の展示(Past) となっております。

現在開催中

展示予定

 

◆ Mermaid and Mer-Men Show

 

夢島スイの初アメリカでのグループショーです。

ロサンゼルスのリトルトーキョーにあるオタク文化のミックスされた作品やかわいい作家の雑貨を扱うお店+

ギャラリーさんです。 初のアメリカでのグループショーが人魚+半漁人の展示だなんて個人的に人魚はよく絵のテーマとなっているのでとてもとても嬉しいです。

 

会期 : 2017年 8月12日~おそらく一ヶ月?
場所 Q POP (入場無料) Little Tokyo . CA . USA

 

 

◆ 銀座スパンアートギャラリー 個展 2018年2月頃

 

二度目のスパンアート様での個展を予定しております。日本では個人的に一番大きな規模の展示です。

 

💀 Past Solo Exhibition

 

◆ ビバリーヒルズアートフェスタ

 

 

USAのカルフォルニア州ロサンゼルスにあるビバリーヒルズのガーデンズパークのアートフェスタにブース出展します。英語力は乏しいですがとりあえずアメリカ行くなら出展してみようよというお誘いのもと、参加してみます。

 

The show will be held on Saturday and Sunday, May 20th & 21st, on four historic garden blocks along Santa Monica Boulevard, in the center of Beverly Hills.  

 

会期 : 2017年 5月20日~21日
場所 ビバリーヒルズガーデンズパーク (入場無料) 

Santa Monica Blvd, Beverly Hills, CA

 

◆ 夢島スイ凱旋展示 聖者の棕櫚

 

夢島スイの初となる関西は京都での個展を予定。

作品は主に関東だけで展示してきたものを京都でごらんいただけるように設営します。

また、京都にて初披露となる Vimoque x Sui Yumeshima の洋服作品も出展予定です。

 

会期 : 2017年 4月14日~26日迄
場所 京都・アスタルテ書房 (入場無料) 地図

 

 

◆ 夢島スイ店頭個展 THE SPORES OF ALICE ~アリスの胞子~

 

洋服ブランドSERAPHIMさんの実店舗にて、アリスを題材にした夢島スイの個展を開催予定。

ルイスキャロル原作の不思議の国のアリスの文学とアリス(永遠の少女像)は

胞子となって様々なアリスへと姿を変える―・・・。

 

*完売していた夢島スイ画集#1がパワーアップして再販されます。新しい画集も出します。

*自身がモデルさせていただいたかわいいアリスをイメージしたワンピースの受注会も同時開催です。

 

会期 : 2017年 3月18日~26日迄
場所 :  東京 /  国立・SERAPHIM
(入場無料)  地図

 

 

 

会場の様子

 

はじめてのアメリカ、はじめての一人渡航。

そして大きな荷物と拙い英語で税関に一時間つかまりながらも、ビバリーヒルズでの展示を終えました。

2日間の開催でいろんな人に支えられつつ、日本では動きずらいサイズのわが子も嫁いでいったりして

また言語も違えば育った土壌も違う人とのコミュニケーションや文化の違いもとても刺激になりました。

なにより、自分が何をしたくてここまで(人生ふくめ)きたのかを再確認。

 

初めてのアメリカでロスとアトランタ等に1ヶ月と三週間いて、沢山の大自然に触れたり また 自分の小ささを実感したり はたまた英語をはなすのが疲れてひきこもったり(笑) かききれないほど短い間で経験しました。

ネットだけですませてしまう時代、やはり体・六感(笑)全てをつかって感じることの尊さたるや・・・

何にも変えがたいものだとおもいました。 あと人の温かさは本当に感じた。

自分が変わらないとまわりはかわらない、ということも同時に学んだ感覚がします。

幼い頃からなぜか25歳あたりで人生が変わるとおもってきていましたが ドンピシャとはいきませんが

そのタイミングで自分の人生の進み方、または、パラレルワールドだったら「変わる」次元のほうに

アクセスできたのかなぁなんてしみじみおもったりしています。

はじまったまた違う経験をスタートさせた自分がどういう作品をかいていって どう人の気持ちに触れられるかが今後楽しみです。

 

今回は手助けをルーベン・ラングダン氏にしてもらいこぎつけました、さて、ここからがまた新たなスタート!

自分の魂がつくったこの体で自分の表現したい世界を誰かと繋がる為に描くことに情熱がまたわきました。

 

今回も沢山のお客様にご足労いただけまして誠にありがとうございました。

とにかく 精進せねば・・・!

 

 

会場の様子

今回は洋品店での店頭個展でSERAPHIMさんとしても初の試みでした。

私のエキセントリックさを固定ファンも沢山いらっしゃるSERAPHIMさんのヨーロッパアンティークな雰囲気が中和しあい、溶け合い、とても不思議な空間がひろがっていました。

今回初めて絵画作品のほかに会場を飾るためのパネル作成等をしてみましたが大変と同時に雰囲気がでてくるととても楽しくなってきたのを覚えております。他の会場でもパネルでの空間演出等、新しいアイディアの

源泉となったかな?と個人的におもいます。

ただ、やっぱりもっと大規模になりますと、自分ひとりでは手がたりないなぁとため息。

音楽業界でもそうですが、ネットワーク文化が進んでる中で、いつまでも アナログで本物のもつ迫力というものを体験していただけるような展示を今後ともつくってゆきたいとおもいました。

また、自分の中でなかなかテーマを固定してやるというのもなかったので新鮮でした。

大人になっても心はどこか少女・少年のような純粋さを追い求めて。

 

今回も沢山のお客様にご足労いただけまして誠にありがとうございました。

 

 

◆ 夢島スイ・個展 岡部孝一郎・空間演出 

"Alchemia intra Viridis  ~緑の中の錬金術~"

 

会期:2016年 7/16(土)~8/11(木)
場所 LECURIO
(入場無料) 

東京都杉並区高円寺北2-35-14

営業日:木、金、土、日、14時〜20時

 

 グッズ情報はこちら

 

  

会場の様子

会場と作品が一体となって織り成す、空間もふくめた夢島スイ個展。

緑はオーナーの岡部孝一郎氏 (スペシャルサンクス:烏堂様) によるプロデュース。

初めての「会場含めた展示」の形態です。

納涼にもなる目にもやさしいフェイクの緑たちは、まるで本当に命をもっているかのように、

日々繁茂するのでありました。生きている展示でとても楽しい試みでした。

 

◆ 夢島スイ・初個展 My Little Coffin

会期:2016年 2月6日(土)~2月11日(木)
場所
:スパンアートギャラリー (入場無料) 
営業時間  / 11:00~19:00(最終日17:00迄)
住所 / 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル

    有楽町線銀座駅 / 銀座線銀座一丁目駅

 

 

会場の様子

はじめての夢島スイ個展を東京の スパンアートギャラリーさんにて行いました!

平日もあったのにもかかわらず、連日とても多くの方におこしいただきました、

感無量でございます・・・!

また、作品も多くお嫁にいくことができました。

今後も模索しつつやっていきたいです。 ありがとうございました!

ようやくスタート地点に立てたな、という感慨深さを感じる展示でした。

💀 Past Group Exhibition

 

◆カワイイメーカー企画

 

会期:2016年 ~8/7
場所 渋谷・PARCO3 二階 
(入場無料) 

 

公式ツイッター→https://twitter.com/KAWAII_byKERA

 

雑誌・KERA主催のセレクトショップ(期間限定)です。

ジャンルはちょっと違うのですが、

渋谷のパルコ3、2階にて絵画作品とグッズをおかせていただいています。

8月7日のパルコ取り壊し(リニューアルオープン予定)まで!

 

これがおわったらあまり出ないとおもう絵の原画がありますのでこの機会にどうぞ!

モニターだけではつたわらないテクスチャ感を楽しめます。

 

 

◆ きせきの箱庭 アクセサリー作家Lilly & 画家夢島スイ 2人展

 

会期: 2015年 12月1日~28日 予定
場所:コルセット&ティーサロン 「アビエタージュ」(入場無料)
営業時間 / 13:30-23:30(21時以降はカフェバー営業のみ) 毎週木曜定休日
 住所 / 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 大西ビル303
 新宿駅南口から徒歩5分 / 代々木駅から徒歩5分
高島屋すぐそば、明治通り沿い Familymartが入っているビルの3F奥

 

 

◆ Do Do Doll Circus 展


  会期: 2015年 7月11日~20日 18日 定休日
場所:高円寺Amanojaku (入場無料)
 営業時間 / 14:00~20:00(最終日17時まで)
 住所 / 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-35-11
 中央線・高円寺駅 北口 あづま通り徒歩6分

 

 

DMもデザインされた、コラージュアーティストのmizunOE(壬)さんが

グループ展前月に急逝されました。 

人柄もすべてふくめ、とてもすばらしいアーティストの方です。

まわりではアーティストの方そうではない方も含め、

嘆き悲しみ、残念におもう方々の暖かい言葉で埋め尽くされています。

心より、ご冥福をお祈りいたします。 

 

夢島スイ

 


◆ ザッヘル=マゾッホに捧ぐ毛皮を着たヴィーナス

倒錯されたエロチシズムの光と影 展
 
  
会期
:
2015年 1月29日~2月14日 日曜休廊
場所:スパンアートギャラリー (入場無料) 
営業時間  / 11:00~19:00(最終日17:00迄)
住所 / 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル

    有楽町線銀座駅 / 銀座線銀座一丁目駅

 

参加作家  / 東逸子、宇野亜喜良、榎本由美、佳嶋、金子國義、小島文美、

清水真理、 空山基、建石修志、槻城ゆう子、永野のりこ、衣-hatori-、古川沙織、

緋衣汝香優理、三浦悦子、向川晃貴、夢島スイ

 

 「毛皮を着たヴィーナス」

 

サディズムと並び称されるマゾヒズムの語源となったザッヘル=マゾッホの代表作で、

東欧カルパチアとフィレンツェを舞台に

毛皮の似合う美しい貴婦人ワンダと青年セヴェリーンの

苦悩と快楽を幻想的に描いた傑作長編である。
 

加虐的な嗜好から服従と、快楽により支配されていく倒錯されたエロチシズムが、サ
ディズムとは鏡のように真逆の形で投影されていく。

今展は、マゾッホの描く肉体的な苦痛から快楽へと移行する、

その支配と倒錯をコンセプトに展覧する試みである。

 

「毛皮を着たヴィーナス」 L・ザッヘル=マゾッホ (著), 種村 季弘 (翻訳)
河出書房新社 新装版 第5刷(2014/12/20) 第1刷 (2004/6/4) \680

マゾッホ, 毛皮を着たヴィーナス, エロティシズム, 作品展

 

◆ Girly Circus 展


  会期: 2015年 1月17日~31日 19・26日 定休日
場所:高円寺Amanojaku (入場無料)
 営業時間 / 14:00~20:00(最終日17時まで)
 住所 / 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-35-11
 中央線・高円寺駅 北口 あづま通り徒歩6分



◆ 古代魔女 アクセサリー作家Lilly and 画家夢島スイ2人展


会期: 2014年 12月1日~12月29日 夕6時までの一ヶ月間
場所:コルセット&ティーサロン 「アビエタージュ」(入場無料)
営業時間 / 13:30-23:30(21時以降はカフェバー営業のみ) 毎週木曜定休日
 住所 / 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 大西ビル303
 新宿駅南口から徒歩5分 / 代々木駅から徒歩5分
高島屋すぐそば、明治通り沿い Familymartが入っているビルの3F奥。



◆ ガーリー 展


会期:2014年 11月7日(金)–11月16日(日) 11:00-20:00
場所: 「アートコンプレックスセンター」のB1(入場無料)


~参加作家~
 井口真吾 / 岩清水さやか / 内田佳那 / ecopino / ONOTAKU / かしろ
菅間圭子 / kuru09 / 倉澤梓 / 倉澤梢 / 御門 / 近藤智美 / さかなもち
坂本友由 / sioux / sitry / 巽千沙都 / 立澤香織 / 兎月結花 / 富松篤
撫子凜 / 七川えん / nibinibu / ninko ouzou / はやしだちか
樋口裕子 / ひろせなおき × BlackDiamond / 藤田しず香 / 望月宗生
momo irone / 夢島スイ / ヨシナリミチコ

 


◆ 不可思議な遊戯 展


会期:2014年 6月10日(火)~21日(土) 日曜休廊
場所:
線銀座 スパンアートギャラリー (地図)
 ~参加作家~
生熊奈央  須川まきこ 杉本一文 寺澤智恵子
成田朱希 牧弘子 ミヤケ千夏 夢島スイ


 

◆ ネコのいるモノガタリ展

身近にいる「猫」をテーマにモノガタリを作家ごとに展開する展示です。


会期:2014年 2月4日~2月16日
12:00~19:00(最終日16:00まで) 月曜休廊

場所: 東京・恵比寿駅 ギャラリーまぁる (地図)

~参加作家~
槻城ゆう子 樋口裕子 中川悠京 夢島スイ

 

 ◆ 私の劇場2013 展

スパンアートギャラリー + Bunkamuraギャラリーの同時開催企画です。


(1) 銀座画廊スパンアートギャラリー
会期:2013年 11月 28日(木) ~ 12月11日(水)
12月8日(日)のみ休廊。11:00~​19:00、最終日は17時まで。

場所: 有楽町線銀座駅/東京メトロ銀座一丁目 スパンアートギャラリー  (地図)


(2)Bunkamuraギャラリー
会期:2013年11月30日(土)~12月11日(水)
会期中は無休です。 10:00~19:30

場所: 渋谷駅 Bunkamuraギャラリー  (アクセス)

~参加作家~
味戸ケイコ 東逸子 荒井良 宇野亜喜良 大友暢子 小川香織 菊地拓史
夢島スイ 北見隆 串田和美 黒木こずゑ 恋月姫 酒井孝彦 サトーエリ 
下谷二助 高田美苗 高橋葉介 建石修志 土井典 トレヴァー・ブラウン 
中嶋清八 丹羽起史 野村直子 長谷川友美 深瀬優子 丸尾末広 向川貴晃
村澤美独 森馨 山本タカト
  

 

◆ グランギニョルの森 展

大学の同級生OPEMOとの2人展


会期:2012年 夏
場所:ギャラリー オル・テール
 

  INDEX

・

・

・

・

・

・